ブログ

私がV字復活した時の話をします_第1話(全10話)

 

こんにちはタケウチです。

危機を脱した時の経験は
とても貴重で有益なものになります

私が10年前に経験した
『廃業寸前からのV字復活』
今振り返ってみても
とても良い経験をしました。
(当時は必死でしたが)

 

せっかく良い経験をしたので
これから数回に渡って
私の経験したV字復活の経験談をします。

皆様にとって有益な情報になるように
活用したマーケティングのテクニックの
解説もしながら物語形式でお話します。

どうぞ お楽しみください^^

 

なぜ経営不振になったのか?

私は理容室の2代目オーナーです。

6年、関東のヘアサロンで従事した後、
親(母親)が1980年に
創業した実家の理容店に
2000年に入社しました。

 

母親が創業し、地域ナンバーワン店だった当店。
そんな地域の人気店が、まさかの転落をします。

経営不信が9年続き、
2000年の売上から比べて
2009年の売上はなんと1/2に
なってしまったのです。

ここで皆さんに質問します。
9年で売上が最盛期の1/2に
なってしまった理由、
なぜだと思いますか?

 

答えを言ってしますますが、
新規集客が9年間ゼロ
だったためです。

私の従事している理美容業界は
毎年10%の自然失客が起きます。
(異動、病気、死亡、などなど…)
毎年10%の顧客低下を重ねていくと
6年目で顧客数50%の流失になります。

 

2009年当時の私ぼお店の話ですが、
私の理容室は売上が1/2以下になり
このまま何もしなければ
あと2〜3年後に廃業になることが
予測されました。

 

断っておきますが、
それまで何もしなかった訳では
ありません。

・7万円かけてチラシ広告を行う
失敗:既存客が2名来店しただけ)

・自作でホームページを作り集客をこころみる
失敗:2年間運用して新規集客ゼロ)

・新規集客目的でサービス値引きキャンペーン
失敗:既存客しか来ず、売上低下)

…他にもありますが割愛します。

 

もちろん新規集客を果たすために
・サービスの向上
・商品力の向上
を目的として技術研修や
新商品の導入も積極的に行いました。
ですが、結果はでませんでした

 

・チラシ、ホームページなどの広報
・割引キャンペーン
・新技術の導入
・新サービスの導入

ここまでして、
なぜ新規集客ができなかったのか?
理由は「見込み客が来店する理由を
つくれていなかった
」ためです。

・他のお店でも受けられるサービス
であれば、見込み客にとって
来店する理由は低くなります。

私がV字復活した理由の
1つ目のポイントは
「来店理由を作った」ことです。

逆に、私のお店が9年間もの間
新規集客が全くできなかったのは
来店理由が無かった」からです。

実際に、来店理由をつくり
ホームページで広報したところ、
たった1週間で新規集客が達成できました。

 

では、
どのようにして「来店理由」をつくるか?
文章がだいぶ長くなってしまったので
次回の記事にて解説します。

2〜3日後に公開します。
お楽しみにしてください^^

 

 

メルマガも書いてます!
画像をクリックしてご登録ください
↓↓↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP