ブログ

美容室の売上をカンタンにUPする方法♪

 

こんにちは、タケウチです😌

 

みなさん、

こんな図をご覧になったことは
あるでしょうか?
↓↓↓↓

 

お客様の『来店頻度』『購買頻度』などで
お客様を4つに区分した時、
売上の分布はおおよそ上記のようになります。

 

 

あなたが美容師として
月に100万円売上があったとれば、

上得意様が5人ご来店されて
20万円をご利用。
(客単価:4万円)

お得意様が15名ご来店されて
30万円をご利用。
(客単価:2万円)

常連客様が30名ご来店されて
30万円をご利用。
(客単価:1万円)

既存客、新規客様が
50名ご来店されて

20万円をご利用。
(客単価:4千円)

 

図にするとこんな感じです
↓↓↓↓↓↓

 

 

 

えっと、

私が何を言いたいか
なんとなく分かりますかね?

経営戦略のポイントです

ハッキリ言います…

 

お客様を上位20%に
どのように導くか
(あなたのお店を大好きになってもらうか)

 

が、あなたの
サロンの売上を劇的に変えます

↓↓↓↓↓↓

 

 

そのためには以下のような
施策が大事になります
↓↓↓↓↓↓

 

あ、分かっているかと思いますが、
上位客に割引は逆効果です。
(一応確認です)

 

 

真のサービスの平等とは…

年間にウン十万も利用してくださる
超上得意様と、通常の既存客様と
サービスを分けたほうが良い。

 

『お客様全てに平等なサービスを』
を理念に掲げる美容師さんが聞いたら
怒りそうな内容ですが、

私はこれこそ『平等』な扱いだと
思っています。

 

だって、考えてみてください。
年間に50万円を
お店に使ってくださるお客様(A様)と

年間、5万円を
お店に使ってくださるお客様(B様)。

 

それぞれに『年間利用金額』に応じた
10%割引チケットをお渡しするならば、

A様、B様にお渡しする金額に
差が出ますよね?

その差は『不平等』でしょうか?

サロン経営には
戦略が必須です

ものスゴク大事なので、
もう一度先ほどの図を出します
↓↓↓↓↓

う〜〜〜〜〜〜ん、
我ながらコンパクトに
要点を押さえた図だ
(まさかの自画自賛w)

 

もし、今まで無計画に

・店内POP
・手渡しチラシ
・ダイレクトメール
・ホームページ
・ニュースレター

などを発行していたのならチャンスです。

上記の図を参考に経営計画を
練り直して発刊して下さいませ😉
(すぐに売上が上がりますから)

 

 

どんな内容を書けばいいのか?

・あなたのお店が提供している価値(サービス)
・想い(仕事を通じて何をしたいのか)

を、お知らせ下さい

 

 

….

 

結構大事な事を書いているのですが、
このまま書くとだいぶ記事が
長くなるので続きはまた
明日の記事に書きます…😅

あ楽しみにしてください😌

 

つづく

 

ワイ、メルマガも書いてます。
画像をクリックしてご登録ください
↓↓↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP