*【客単価アップ】のコツ

美容室サービスの価格設定(安いから売れるということはない)

こんにちは、タケウチです😌

 

突然ですが、
皆さんにお聞きします…

 

通常価格1,000円の
お肉があります。

 

A店では通常どおり
1,000円で販売されていますが、

B店では特に何の説明もなく
破格の10円で売っています

 

あなたはどちらのお肉を買いますか?

A:通常価格の1,000円のお肉

B:謎に激安な10円のお肉

 

 

謎に激安な10円のお肉
買えなかった人…

謎に激安な10円のお肉が買えなかった方…
なぜ買えないのでしょうか?

・謎すぎて気持ち悪いから
・激安には理由があるのだろうが、とにかく謎
・不気味

 

でも、マーケティングの常識的に考えると
金額が安い方が特典的には絶大なので
売れそうですよね?

 

 

 

では、これではどうでしょう?
↓↓↓↓↓↓

 

激安の理由が明確になりました。

安い理由が分かったあなたは、
この¥10のお肉を購入することに
迷いがなくなったはずです。

 

価格の根拠は
お客様に伝わって
いるでしょうか?

 

理美容室のメニューも同じですが、
『ヘッドスパ500円』
と聞いて、喜んで行く人はあまり
いるとは思えません。

(いたとしても客質は悪そうです)

 

だって、通常なら¥4,000前後する
ヘッドスパが¥500って、
意味が分からないからです。

 

逆に
『ヘッドスパ30、000円』
も唐突すぎて意味がわからない
はずです。

 

安い価格にしても、
高い価格にしても、

価格には理由が必要です。

 

 

誰に対して理由が必要
でしょうか?

 

もちろん『ターゲット』が
価格に対して納得すれば
良いのです。

 

では、どこで価格に対しての
説明(教育)をするか?

・HPの中の特別ページ
・ブログの中の特別ページ
・ニュースレター
・ダイレクトメール
・メルマガ

で、

・なぜこの価格なのか?
を説明してください。

 

 

うん、
大事なことを言った😌

 

 

 

   

ビジネスのタネは失敗談にこそあります^^

タケウチが体験した失敗談、成功事例から 売上アップのヒントが盛りだくさんの 無料メールセミナーです^^

↓↓↓

   

関連記事

  1. 店内POPの書き方

    無理なくサービスを勧める方法^^

    こんにちは、タケウチです先日、とあるサイト…

  2. ・・売上アップ必至! 経営の設計図

    ”理念”という船

    こんにちは、タケウチです😌…

  3. *【客単価アップ】のコツ

    クレームは事前処理が大事

    こんにちは、タケウチです😌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

小さなお店がV字成長する無料メールセミナー♪

*20日間メールセミナー
メールアドレスを入力して下さい
  1. *【客単価アップ】のコツ

    美容室、あかんメニュー表の例
  2. 考え方(マインド)を変えて、売上UP!!

    目標達成をするコツ
  3. 集客力アップの文章術(コピーライティング)

    美容室集客のコピーライティングのポイント…
  4. *カンタン【物販】テクニック♪

    物販が苦手なスタッフでもカンタンな売り方(物販でも、新サービスでも)
  5. *【経営V時復活】の大ヒント

    お客様のクレームを聞いて、経営V時復活♪
PAGE TOP
てるそ