*【客単価アップ】のコツ

失敗する集客とは…

こんにちは、タケウチです😌

先日、私のFacebookのタイムラインに
このショート動画を使用しました。

↓↓↓↓↓↓↓

 

好き嫌いが分かれる投稿だけに、

いつもなら『イイネ』が
100前後着くのが、50未満ですw

↓↓↓↓↓↓

 

うん、

 

まぁ、

 

これは、ちゃんと意図しての行動です。
(じゃなきゃ、暴挙です。はいw)

 

 

どんな意図があるかといえば、

 

『こんなフザけた投稿も
 寛容な気持ちで見てくれる人』

が、私の顧客対象者だからです。

 

 

言い換えると、

この投稿を見てイラっとした人は
たぶん私と価値観が合わないです。

 

価値観が合わないから
仕事がスムーズに行くはずもなく

『巡り合わない方がお互い身のため』
なのです。

 

 

つまり、

『自分と合わなさそうな人を
 意図的に選別させて
 頂いているのです』

『誰でも集客』の地獄…(泣)

 

商売を経験したことのある人なら
1度は体験したことのある
『自分とは価値観が合わないお客様』

 

価値観が合わないと

・説明の手間
・信頼関係の構築の時間

 

つまり、ビジネス上での
『時間のコスト』が余分にかかる
ということになります。

 

 

時間のコストだけならまだしも、
相手に十分な満足感を与えることに
コストがかかるので、

クレームを受けるリスクも高くなるのです。

 

 

 

実はタケウチ、

 

過去に合わないお客様を
無理にとってしまい

失敗した経験があります…大泣

 

 

 

相手に多大な迷惑をかけました…

 

そんな私だからこそ
声を大にして言いたい…

 

 

 

みなさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

服を脱ごうぜ!!

 

 

自分に合うお客様と
どう巡り合うか

発信物(HP・ブログなど)の
発信内容を意図的に
考えるべきです!!

 

 

つまり、

 

『誰でも集客』は
危険!!

なのです😭

 

 

ps.

服は脱がなくていいですw

 

 

 

〓〓 インフォメ~ション♪ 〓〓

当社一押しの情報発信物が『メルマガ』です😉
(不定期に配信されます)

 

えっと~~~~、
ビジネスの種は成功談より
失敗談にこそ
たくさんのビジネスの種
ひそんでます

 

ブログでは書ききれない、
というより書けないことを
メルマガにて記事にしています。

 

 

なぜブログに書けないか?

 

そりゃ〜〜〜、アンタ、

私だって 自分が失敗してきた
ポンコツストーリーを
ブログで公表したくないからです(爆)

(わずかながらある、私のプライドをお許しくださいw)

 

とゆ~~~わけで、

私のポンコツストーリーの中から
ビジネスの種を聞きたいという
物好きな方はメルマガ登録してください😌

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
V時復活テクニックのポイント
メールセミナーで無料公開してます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



*メールアドレス

 

関連記事

  1. 店内POPの書き方

    無理なくサービスを勧める方法^^

    こんにちは、タケウチです先日、とあるサイト…

  2. ・・売上アップ必至! 経営の設計図

    経営戦略について(簡単説明)

    こんばんは、タケウチです。前回からの記事の…

  3. ・・売上アップ必至! 経営の設計図

    理念・戦略・戦術

    こんにちは、タケウチです😌…

  4. *【客単価アップ】のコツ

    売上アップのポイントを観察する

    こんにちは、タケウチです本日の記事、短めです😌…

  5. ・・売上アップ必至! 経営の設計図

    ”理念”という船

    こんにちは、タケウチです😌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理美容室、V字復活の情報ゲット♪

*メルマガ登録
メールアドレスを入力して下さい

記事投稿カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. *【客単価アップ】のコツ

    失敗する集客とは…
  2. *すぐに【集客】できるテクニック

    集客で大事な事は…
  3. *すぐに【集客】できるテクニック

    不器用で5men
  4. *即【売上アップ】のテクニック

    売れない営業マンの名刺
  5. 店内POPの書き方

    無理なくサービスを勧める方法^^
PAGE TOP