商品開発について

ポンコツ商品は売れない

タケウチの自宅には
『陶芸窯』があります。

 

母親が趣味で始めた陶芸ですが、
趣味が高じすぎて、自宅に陶芸窯を
構えたわけです。

(どんなだよw)

 

 

手先がわりと器用な私は、
たまに陶芸をすることもあります。

(ここ3年ほどしてませんが)

 

 

そんな私の陶芸作品の中で、
以前に悪ふざけして

『貯金箱機能付きマグカップ』
というものを制作しました。

 

こんな感じ
↓↓↓

通常のマグカップの下部に
貯金箱機能をプラスした
新発想の作品….。

 

タケウチ:
「こんな、他にはない作品だ!

 これは売れるぞ!!」

 

 

個展を開いた時に
販売にかけました。

 

 

 

が、

 

売れ残りました(苦笑)

 

 

 

ところで、みなさんだったら、
『貯金箱機能付きマグカップ』を
どのようにしたら
売れるようにできますか?

 

===================
腐っても鯛とはいうが、
腐っていたら
そもそも食べれない
===================

ビジネスが上手くいかない時、

先ほどの例で言えば
開発した新サービス、新商品が
思ったように売れない時、

『売れる方法』を見直したりします。

 

 

でも、ちょっと冷静になってください。

 

 

そもそもその商品が
スットコどっこいの商品だったら、

販路の見直しをしようが
キャッチコピーを変えようが
無駄な努力なのです。

 

 

不味いリンゴを売れるようにするために
販路の見直し、キャッチコピーの見直しを
しようとするが、

その前に、そもそも不味いリンゴは
売れないことに気づくべきなのです。

 

 

商品の商品力たるゆえんは

・ターゲットの何かしらの不を解決できるものか?

まずはここをクリアしなければ
需要など生まれず、
売れない商品、サービスを作って
しまうことになるのです。

 

そう、
『貯金箱機能付きマグカップ』
のように(苦笑)

 

もう一度お見せします…

↓↓↓

 

 

 

うん、

 

 

あの日の俺、

きっと疲れてたんだな、うん。。。。

 

 

 

そんなワケで、
みなさん、商品開発は
消費者の不に着目して
つくってちょ♪

(失敗した男よりの提言です♪)

 

 

つづく

 

 

ps.

売れそうにもない商品を
売れる方法なんてないです。

商品の魅力を100%にして
伝える方法はありますが、

100%を超えた伝え方は
詐欺行為なのです。

ポンコツ商品は売れないのです。

​​​​​​​

 

   

ビジネスのタネは失敗談にこそあります^^

タケウチが体験した失敗談、成功事例から 売上アップのヒントが盛りだくさんの 無料メールセミナーです^^

↓↓↓

   

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

小さなお店がV字成長する無料メールセミナー♪

*20日間メールセミナー
メールアドレスを入力して下さい
  1. ・・売上アップ必至! 経営の設計図

    経営戦略について(簡単説明)
  2. *【告知】

    7月23日(火)に1dayセミナー開催します!(in東京都)
  3. 考え方(マインド)を変えて、売上UP!!

    美容室でコースメニューを勧めるには…(その2)
  4. 新規集客のテクニック

    美容室の新規集客の本質…
  5. 新規集客のテクニック

    美容室集客、良かれと思って…失敗
PAGE TOP