セールス(販売の科学)

レジ周りにカンタン売上アップ術を

こんばんは、タケウチです。

 

 

売上をすぐにあげる
単純な方法

 

 

知りたくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

知りたくないですか?

 

 

 

 

知りたく

ないですか?

(しつこいw)

 

 

 

….

 

しつこいので、話を引っ張るのは
そろそろやめます汗

 

 

 

 

では今すぐでき、
設備投資がほぼかからない
カンタンな売上アップの方法を
伝授します。

 

 

答えは簡単です。

 

『会計時に
 関連商品(レコメンド)
 呼びかけをする』

これだけです。

 

先日、私の地元のスーパーで
会計時に思わず
買ってしまったのが…

↓↓↓コチラ

 

 

レジの前に『小分け』『手頃な値段』
買いやすかった…

そして、手に取りやすい高さに
置いてあので、
ついつい購入してしまった…苦笑

レジ前↓

 

で、

2日後は….↓↓↓

 

またしてもレジ周りで
売られていました…苦笑↓↓↓

 

 

 

 

….

 

 

私、

客質的にユルイな…..(苦笑)

 

 

 

さてさて、
私の客質のユルさは
さておき、

 

商売の心理学的に解説
していきます….

 

 

人は一度購入を決定してしまうと、
心理的に無防備な状態になります。

 

このタイミングで、
購入した商品と関連性が近いものを
提案されると、多くの人がついつい

ついでに、買ってしまおう。
と思ってしまいやすいのです。

(専門用語で「テンション・リダクション」
と言います)

 

 

 

では、

なぜ、
『ついで買い』を
してしまうのか?

 

それは人間の持つ、『比較する特性』
を利用した心理トリガーである
『コントラストの原理』
働いているからです。

 

『コントラストの原理』とは、
高額な商品を見た後に
それより安い商品を見た場合

その商品を価値以上に安いと
感じてしまう心理的効果です。

 

 

先ほど説明したレジ周りのお菓子↓

 

『食品』の買い物を済ませようと
レジに並んでいる訳ですから、
『関連商品』を見せられている訳です。

 

そして、レジの会計が進んでいくうちに
お会計の金額が確定し、
その『会計金額』『お菓子の価格』『比較』すると

会計価格と比較するので
『安く感じ、購入障壁が低くなる』
という心の動きが働くのです。

 

 

では、どのくらいの価格のものが売れやすいのか?

購入されやすい関連商品は平均客単価の1/6〜1/8に
設定してください。

 

平均客単価が¥10,000でしたら、
レジ周りの販売品の価格帯を
¥1,250〜¥1650にしてください。

 

『レジ周りの関連商品』
おすすめですので、ぜひ取り入れてくださいね^^

関連記事

  1. セールス(販売の科学)

    『数字』はクレームを減らし、販売を伸ばす♪

    こんにちは、V字復活マン タツヤです (^✌&#xf…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビジネスモデル構築について

    経営戦略について(簡単説明)
  2. セールス(販売の科学)

    レジ周りにカンタン売上アップ術を
  3. セールス(販売の科学)

    『数字』はクレームを減らし、販売を伸ばす♪
  4. 経営理念(理念形成)

    理念・戦略・戦術
  5. 集客(マーケティング)

    あなたの仕事に専門性はあるか?
PAGE TOP